お知らせ

月別アーカイブ : 2020年11月

医療法人啓仁会 豊川さくら病院

2020.11.30 カテゴリー:お知らせ,求人案内

施設名称 医療法人啓仁会 豊川さくら病院
所在地 愛知県豊川市市田町大道下30番地の1
(名鉄豊川線「八幡駅」から徒歩8分)
勤務形態 常勤
募集対象 言語聴覚士(経験者希望)/2名
対象 成人(入院リハビリ、訪問リハビリ)
勤務時間 平日 8:30~17:30 土日祝 8:30~17:30
年間公休数 115日
給与 初任給 240,000円(新卒者)、賞与年2回、昇給年1回
(当院規定により経験年数等考慮し、優遇致します)
採用予定日 随時
問い合わせ先  PR

窓口:総務課(0533‐85‐6511)
「失語症、摂食機能障害等を有する患者様に対する入院リハビリから訪問リハビリ」、「主に自閉スペクトラム症のお子さんに対する外来リハビリ」を実施しています。ホームページ:https://www.toyokawasakura-hp.jp/

記事の有効期限: 2021年4月1日 12:00am

豊橋市こども発達センター

2020.11.26 カテゴリー:お知らせ,求人案内

施設名称 豊橋市こども発達センター
所在地 豊橋市中野町字中原100番地
勤務形態 会計年度任用職員
募集対象 言語聴覚士/1名
対象 概ね18歳未満のこどもが対象です。
勤務時間 午前8:30~午後5:15
(火曜日から土曜日の指定する4日間:週31時間勤務)
日、月、祝休日、年末年始はお休みです。
年次有給休暇、夏季休暇等各種休暇制度があります。
給与 月額報酬 245,304円
その他、期末手当及び通勤手当に相当する費用弁償が支給されます。
採用予定日 採用決定後できるだけ早い時期
問い合わせ先  PR

採用決定後できるだけ早い時期
0532-39-9200 事務長補佐 山内まで
業務内容は診療所における言語訓練などです。
詳細は、当センターホームページをご覧ください。
https://www.hattatsu-center.jp/

記事の有効期限: 2021年3月26日 12:00am

訪問リハビリ看護 緑の家

2020.11.26 カテゴリー:お知らせ,求人案内

施設名称 訪問リハビリ看護 緑の家
所在地 〒491-0862 愛知県一宮市緑4-10-25
勤務形態 正社員、パートタイマー どちらも募集中
募集対象 未経験でも、資格保有者なら年齢問わず
言語聴覚士 2~3名
対象 小児~高齢者まで。多岐にわたる疾患、年齢に対応しております。
勤務時間 定時 8時30分~17時30分
その他柔軟に勤務時間選べます。
給与 当社規定に従う(ホームページに記載あります)
採用予定日 ご希望される日にちから可能
問い合わせ先  PR

0586-76₋5433 担当 奥村までご連絡下さい。
不在でもかけ直し致します。
ホームページからの採用に特典あり
ぜひ一度ご連絡だけでもください。

記事の有効期限: 2021年3月26日 12:00am

訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設に関する声明文

2020.11.18 カテゴリー:お知らせ

 令和3年度介護報酬改定に向けた介護給付費分科会での議論において訪問看護ステーションの人員配置を看護職6割に対し、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を4割とする意見が出され、議論が進んでおります。
 この制度改正により、約8万人(リハビリテーション専門職団体協議会の調査)の利用者が訪問看護からの言語聴覚士等のサービスを受けられない事態となり、地域における言語聴覚士の訪問サービスの提供の継続が難しい状況に置かれています。
加えて、言語聴覚士を含めた訪問看護ステーションに勤務するリハビリテーション専門職の約5千人の雇用が失われることが危惧されています。

 このような状況を鑑み、このたび日本言語聴覚士協会は、日本理学療法士協会、日本作業療法士協会とともに、訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設に関する声明文を発出することといたしました。

一般社団法人日本言語聴覚士協会
会長 深浦順一

 

令和2年11月17日

訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設に関する声明文

公益社団法人日本理学療法士協会
一般社団法人日本作業療法士協会
一般社団法人日本言語聴覚士協会

1.看護職員を6割以上とする要件を設けることの課題について
 課題1.理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問看護は、看護職員の代わりに訪問させるという位置づけのものです。サービスの選択は、地域(住民)のニーズによるものであり、今回の人員配置基準の新設は、国民の訪問看護に対するニーズを排除した制度改正となります。
 課題2.約8万人の利用者(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問看護を受けている国民の約2割)はサービスを受けることが出来なくなります。
 課題3.理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は約5千人(訪看1-5の業務を行っている者の約3割)が雇用を失います。

2.訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設に関する意見について
 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が極端に多く、本来の訪問看護ステーションの役割を果たしていない事業所については、個別に規制を行うことが重要です。全国一律な人員配置基準は、中山間地域や島しょを含む地域(住民)のニーズを排除するものであり、地域包括ケアシステムの理念に大きく反します。人員基準は現状のままとし、国民のニーズに応じられる体制を保持することを求めます。
 なお、コロナ禍において国民は訪問系サービスを選択している状況も踏まえ、国民や現場に混乱が生じないように、丁寧な制度改正を行うことを求めます。

3.理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が極端に多くを占める事業所について
 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問看護は、その地域(住民)のニーズに応じてほとんどの訪問看護ステーションでは適正にサービス提供されている中、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が80%以上を占める施設が0.4%(約40施設)存在することを懸念する意見が多く出されています。
 日本理学療法士協会、日本作業療法士協会、日本言語聴覚士協会においては、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問看護に偏り、本来の訪問看護ステーションの役割を果たせなくなることがないように、ガバナンスの形成等を行い、各医療関係団体と協力をしながら、国民の生活保全の一翼を担うことが重要であると考えています。故に、人数等の規制を行うことは不適切と言わざるを得ません。

4.現場の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士への配慮について
 介護給付費分科会の事務局資料では、看護職員の代わりに訪問している理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問看護の増加を、まるで否定するかのような資料が提示されています。看護師が管理をする訪問看護事業所に雇用をされ、地域(住民)のニーズに応じて日々真剣に利用者と向き合っている現場の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の士気を下げるような資料を厚生労働省の事務局が作成することは誠に遺憾であり、今後は国民のニーズに応じた、中立公平な議論をすることを望みます。

記事の有効期限: 2021年3月31日 10:37pm

NPO法人子どもの発達を支援する会きらら

2020.11.17 カテゴリー:お知らせ,求人案内

施設名称 NPO法人子どもの発達を支援する会きらら
所在地 岡崎市上里2丁目17-1(名鉄バス「上里口」より徒歩3分)
勤務形態 常勤・非常勤
募集対象 言語聴覚士/若干名
対象 小児
勤務時間 平日 9:00~19:00の間で変則勤務
土日・祝日休み(年に数回勤務あり)
年末年始、夏期休暇、特別休暇、年次有給休暇   
給与 常勤/205,500円 非常勤/時給1,300円 経験加算あり
採用予定日 随時
問い合わせ先  PR

0564-74-8686 担当:塩沢まで
他職種の職員が互いの専門性をいかしながら、発達に障がいを持つ2歳から小学生の子どもたちへの療育・発達支援を行っています。
一度、是非見学にお越しください。HP:http://www.npo-kirara.com

記事の有効期限: 2021年3月18日 12:00am