お知らせ

訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設に関する声明文

2020.11.18 カテゴリー:お知らせ

 令和3年度介護報酬改定に向けた介護給付費分科会での議論において訪問看護ステーションの人員配置を看護職6割に対し、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を4割とする意見が出され、議論が進んでおります。
 この制度改正により、約8万人(リハビリテーション専門職団体協議会の調査)の利用者が訪問看護からの言語聴覚士等のサービスを受けられない事態となり、地域における言語聴覚士の訪問サービスの提供の継続が難しい状況に置かれています。
加えて、言語聴覚士を含めた訪問看護ステーションに勤務するリハビリテーション専門職の約5千人の雇用が失われることが危惧されています。

 このような状況を鑑み、このたび日本言語聴覚士協会は、日本理学療法士協会、日本作業療法士協会とともに、訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設に関する声明文を発出することといたしました。

一般社団法人日本言語聴覚士協会
会長 深浦順一

 

令和2年11月17日

訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設に関する声明文

公益社団法人日本理学療法士協会
一般社団法人日本作業療法士協会
一般社団法人日本言語聴覚士協会

1.看護職員を6割以上とする要件を設けることの課題について
 課題1.理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問看護は、看護職員の代わりに訪問させるという位置づけのものです。サービスの選択は、地域(住民)のニーズによるものであり、今回の人員配置基準の新設は、国民の訪問看護に対するニーズを排除した制度改正となります。
 課題2.約8万人の利用者(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問看護を受けている国民の約2割)はサービスを受けることが出来なくなります。
 課題3.理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は約5千人(訪看1-5の業務を行っている者の約3割)が雇用を失います。

2.訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設に関する意見について
 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が極端に多く、本来の訪問看護ステーションの役割を果たしていない事業所については、個別に規制を行うことが重要です。全国一律な人員配置基準は、中山間地域や島しょを含む地域(住民)のニーズを排除するものであり、地域包括ケアシステムの理念に大きく反します。人員基準は現状のままとし、国民のニーズに応じられる体制を保持することを求めます。
 なお、コロナ禍において国民は訪問系サービスを選択している状況も踏まえ、国民や現場に混乱が生じないように、丁寧な制度改正を行うことを求めます。

3.理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が極端に多くを占める事業所について
 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問看護は、その地域(住民)のニーズに応じてほとんどの訪問看護ステーションでは適正にサービス提供されている中、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が80%以上を占める施設が0.4%(約40施設)存在することを懸念する意見が多く出されています。
 日本理学療法士協会、日本作業療法士協会、日本言語聴覚士協会においては、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問看護に偏り、本来の訪問看護ステーションの役割を果たせなくなることがないように、ガバナンスの形成等を行い、各医療関係団体と協力をしながら、国民の生活保全の一翼を担うことが重要であると考えています。故に、人数等の規制を行うことは不適切と言わざるを得ません。

4.現場の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士への配慮について
 介護給付費分科会の事務局資料では、看護職員の代わりに訪問している理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問看護の増加を、まるで否定するかのような資料が提示されています。看護師が管理をする訪問看護事業所に雇用をされ、地域(住民)のニーズに応じて日々真剣に利用者と向き合っている現場の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の士気を下げるような資料を厚生労働省の事務局が作成することは誠に遺憾であり、今後は国民のニーズに応じた、中立公平な議論をすることを望みます。

記事の有効期限: 2021年3月31日 10:37pm

令和2年度 摂食・嚥下機能支援に関する研修会のお知らせ

2020.11.18 カテゴリー:イベント,お知らせ

テーマ:食べて飲み込むことへの支援~現場での対応について、デモンストレーションを交えて紹介します~

  日時 場所 講師
第1回 歯科医師の立場から 令和3年1月17日(日)14:30~16:00 ウインク愛知(小ホール) 杉本太造(愛知学院大学歯学部 客員准教授)
第2回 栄養士の立場から 令和3年2月13日(土)14:30~16:00 ウインク愛知(小ホール) 馬場正美(公益社団法人愛知県栄養士会 理事)
第3回 言語聴覚士の立場から 令和3年2月21日(日)14:30~16:00 ウインク愛知(小ホール) 中橋聖一(一般社団法人愛知県言語聴覚士会 会長)

 

定員:来場参加・オンライン参加いずれも100名
   参加費無料・要申込
申し込み方法:受講申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください
締め切り:令和2年12月21日(月)

記事の有効期限: 2021年2月21日 10:21pm

成人分野専門研修会のお知らせ

2020.11.18 カテゴリー:お知らせ,研修会

『ベッドサイドで行う呼吸理学療法』

【2020年度】チラシ_摂食・嚥下機能支援に関する研修会

呼吸機能の理解と病態、呼吸理学療法は何に対して何をしているのかをお伝えし、リハビリテーションチームとしての業務を共有できる機会になればと思い、このセミナーを企画いたしました。さらに、呼吸の評価と呼吸理学療法アプローチについてもお伝えする予定です。

講師 : 愛知医科大学病院 理学療法士  岸川典明 先生

日時 : 2020年12月13日(日) 13時~14時30分 ※12時40分から受付を開始します
開催方法 :Zoomによるオンライン開催
参加費 : 会員 1000円 (今回の研修会は愛知県言語聴覚士会 会員限定です)
定員 : 50名(先着順)
申し込み方法 : 会員ページからお申し込みください。(11/19~開始) ※会員ページは、ログインが必要です
締め切り : 12月3日(木)※参加費の振込期限となります

 

振込先:ゆうちょ銀行 00830-2-132908 (ダイレクト口座)
    <加入者名> 一般社団法人 愛知県言語聴覚士会
    <口座種別> 当座    
    <支店名>  ○八九店 
 ※通信欄に、会員番号と「12月13日研修会参加費」とご記入ください

記事の有効期限: 2020年12月13日 9:47pm

第20期会話パートナー養成講座のお知らせ

2020.11.17 カテゴリー:イベント,お知らせ

 愛知県では、15年程前より、言語聴覚士の有志が、失語症者の支援者である失語症会話パートナー養成を行ってきました。2008年、失語症会話パートナーの会「あなたの声」が発足し、現在80名あまりの会話パートナーが失語症友の会などで、ボランティアとして活躍中です。
 失語症に関心がある方、ボランティア活動に関心のある方、ぜひ、お集りください!

第20期失語症会話パートナー養成講座_案内 第20期失語症会話パートナー養成講座_要綱

 

 

 

 

 

 

 

定員:30名
資料代:3,000円
申込み方法:要綱を参照し、事務局宛にメールまたはFAXにてご連絡ください。

記事の有効期限: 2021年2月14日 11:43pm

令和2年度愛知県訪問リハビリテーション研修会のお知らせ

2020.11.17 カテゴリー:イベント,お知らせ

テーマ:地域包括ケアシステムと地域共生社会~リハビリテーション専門職のあるべき姿を自ら示そう~
内容:講義「改めて自助の促進とは」「第7期介護福祉計画の振り返りと第8期の見通し」
   グループディカッション、発表
日時:令和2年12月5日(土) 10:00~16:00(ログイン開始 9:30)
場所:オンライン受講のみ
参加費:無料
対象:PT、OT、ST、医療介護福祉の専門職
定員:100名
申込先:http://www.aichi-pt.jp/form23/form23.html
申込期間:令和2年11月9日~令和2年11月30日

 

記事の有効期限: 2020年12月5日 11:02pm

食とコミュニケーション研究所より オンラインセミナーとエッセイコンテスト開催のお知らせ

2020.11.17 カテゴリー:イベント,お知らせ

オンラインセミナーのお知らせ
テーマ 摂食嚥下障害患者に対する臨床評価理論とその実践
講師 柴本 勇(聖隷クリストファー大学 リハビリテーション学部 教授)
開催日時 11/27(金)、12/4(金)、12/11(金)、12/18(金)、12/23(水) 全て19:00~20:15
開催方法 ZOOMによるオンライン配信
参加費 1講座につき、当法人会員:1,000円 当法人非会員:3,000円
申し込み 当法人ホームページ https://fc-science.or.jp/guide7.html

 

エッセイコンテストのお知らせ
①「 食 」 をテーマに 、 実際に経験したこと 、 日頃思っていること 、 願いなど 、 当事者 ・
家族 ・ 社会が笑顔になれるエッセイ
②「 コミュケーション 」 をテーマに 、 実際に経験したこと 、 日頃思っていること 、 願い
など 、 当事者 ・ 家族 ・ 社会が笑顔になれるエッセイ
タイトル 40字以内
本文文字数 4 000 字以内 400 字原稿用紙 × 10 枚以内:タイトル含まず
※本文は規定文字数を越えなければ 、 文字数が少ない作品も応募可能です 。
募集締切 2020年11月30日
応募資格 不問  18 歳未満の方は保護者の了承が必要です
応募方法 当 研究所 HP 応募フォームにアップロード  https://fc-science.or.jp/
審査発表 2020年12月25日 当 研究所HPで発表
最優秀賞 副賞:盾+ 30 000 円
 優秀賞 副賞:盾+ 20 000 円
 佳作  副賞:盾+ 10 000 円

 

記事の有効期限: 2020年12月25日 10:33pm

NPO法人子どもの発達を支援する会きらら

2020.11.17 カテゴリー:お知らせ,求人案内

施設名称 NPO法人子どもの発達を支援する会きらら
所在地 岡崎市上里2丁目17-1(名鉄バス「上里口」より徒歩3分)
勤務形態 常勤・非常勤
募集対象 言語聴覚士/若干名
対象 小児
勤務時間 平日 9:00~19:00の間で変則勤務
土日・祝日休み(年に数回勤務あり)
年末年始、夏期休暇、特別休暇、年次有給休暇   
給与 常勤/205,500円 非常勤/時給1,300円 経験加算あり
採用予定日 随時
問い合わせ先  PR

0564-74-8686 担当:塩沢まで
他職種の職員が互いの専門性をいかしながら、発達に障がいを持つ2歳から小学生の子どもたちへの療育・発達支援を行っています。
一度、是非見学にお越しください。HP:http://www.npo-kirara.com

記事の有効期限: 2021年3月18日 12:00am

STのいる施設一覧が完成しました

2020.10.25 カテゴリー:お知らせ

ホームページリニューアル後、お時間をいただいておりました検索機能「STのいる施設一覧」が完成いたしました。

愛知県言語聴覚士会会員(言語聴覚士)が所属する施設について、どなたでも検索することができます。施設情報は随時更新するよう努めておりますが、対象領域やリハビリテーション受付状況などはご利用前に必ず各施設へお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

先に公開しておりました旧STマップは令和2年10月31日をもって削除しました。

 

※会員の皆さまへ

所属する施設情報の変更・削除がございましたら block@aaslht.jp までご連絡ください。

一般社団法人 愛知県言語聴覚士会 ブロック部・広報部

記事の有効期限: 2020年11月30日 9:05pm

【会員の皆さまへ】会員専用ページについて

2020.10.23 カテゴリー:お知らせ,広報部

会員各位

10月上旬に会員専用ページを公開し、パスワードお知らせハガキを発送致しました。会員専用ページへログイン後、「登録情報変更」よりパスワードの変更をお願い致します。 

■ハガキを紛失した方

 メールアドレス登録済 → 会員専用ページの「パスワードを忘れた方」を選択し、登録済のメールアドレスを入力してください

 メールアドレス未登録 or 不明 → koho@aaslht.jpまでお問い合わせください

 

■ハガキがお手元に届かない方 → koho@aaslht.jpまでお問い合わせください

 ※メールアドレス登録済の方は上記方法でパスワードを知ることができます

広報部

記事の有効期限: 2020年12月31日 10:20pm

日本離床学会主催 教育講座のお知らせ

2020.10.11 カテゴリー:イベント,お知らせ

申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: https://www.rishou.org/
問合せ:日本離床学会事務局 TEL: 03-3556-5585

 

Dr.長尾の“やさしイイ”呼吸ケア教室
内容 呼吸にまつわる臨床のギモンが 〇&×形式の“やさしイイ”解説でスッキリ晴れる
日時 2020年11月7日(土)10:00~16:10
会場 インターネットライブ配信(2週間視聴期間あり)
講師 長尾 大志 先生 (島根大学医学部附属病院 医師)
受講費 一般 12,800円(税込)会員 9,800円(税込)

 

本当にこれでいいの?DVTリンパ浮腫対策
内容 臨床のモヤモヤが一気に解消!いいの?がいいね!にかわる7つの処方箋 DVT対策
日時 2020年11月8日(日)10:00~16:10
会場 インターネットライブ配信(2週間視聴期間あり)
講師 佐藤 明紀 先生(北海道文教大学)
受講費 一般 12,800円(税込)会員 9,800円(税込)

 

あなたのケア・リハビリを劇的に変える!
内容 回復期・在宅に必要な循環の知識をまとめました。”いつもと違う”をいち早く察知し“血圧を測るだけ”の循環アセスメントから脱却を目指します。
日時 2020年11月15日(土)  10:00~16:10
会場 インターネットライブ配信(2週間視聴期間あり)
講師 徳田雅直(新横浜ハートクリニック)
受講費 一般 12,800円(税込) 会員 9,800円(税込)

 

やってはいけない!人工呼吸器ケア
内容 この講座では、波形をイメージで捉え、診た瞬間に行動できるよう繰り返しシュミレーション
臨床における即戦力を養成します
日時 2020年11月29日(日)  10:00-16:10
会場 インターネットライブ配信(2週間視聴期間あり)
講師 曷川 元 先生(日本離床研究会 学術研究部)
受講費 一般12,800 円(税込) 会員 9,800 円(税込)

 

離床時に必須!初心者にゼッタイわかる心電図
内容 この講座では、波形をイメージで捉え、診た瞬間に行動できるよう繰り返しシュミレーション。臨床における即戦力を養成します。初心者の教育に定評のある当会が自信をもってお届けする新講座!お見逃しなく!
日時 2020年12月5日(土)14:30~18:30~2020年12月6日(日)10:00~16:10
会場 インターネットライブ配信
講師 飯田 祥先生(日本離床研究会)
受講費 2日間 一般19,800円(税込)会員16,800円(税込)

 

嚥下造影(VF)がない環境でもなんとかする! 直観力を養うための嚥下トータルアプローチ講座
内容 現場で役立つ簡易なアセスメントから食形態のステップアップ法まで、VFなど特別な機器がなくてもできる嚥下アプローチのコツを、集約して学び、問題解決能力を高めます。
日時 2020年12月19日(土)10:00~16:10
会場 インターネットライブ配信(2週間視聴期間あり)
講師 中村 昌孝 先生(守谷慶友病院)
受講費 一般12,800 円(税込) 会員 9,800 円(税込)

記事の有効期限: 2020年12月19日 9:55pm